INTERVIEW

社員インタビュー

松元 美友

製造部

松元 美友

2021年入社

Miyu Matsumoto

ご使用になるお客様お一人おひとりを想像しながら作業できることが、この仕事のやりがい。自分が携わった車椅子でお客様が笑顔になり、家族や友達と素敵な時間を過ごせるようにと願っている。目標は、身体が不自由な祖父に自分が作った車椅子を届けて、楽しい人生を送ってもらうこと。

世界にひとつ!お客様専用の車椅子を
つくるすばらしい仕事

  • ネジひとつもおろそかにしないオーダーメイドの車椅子づくり

    ネジひとつもおろそかにしない
    オーダーメイドの車椅子づくり

    大学では理工学部で機械の勉強をしていました。もともと福祉に、中でも車椅子に携わる仕事に興味があり、量産型ではなくお一人おひとりに合うオーダーメイドの車椅子を作っているピーエーエスを知りました。インターンに参加し、会社の雰囲気や対応を見て、「自分の技術が高められる」と直感しました。
    今は、組み立てやパソコンを使用した作業を通し、製造のすべての工程を体験しながら少しずつ覚えているところです。車椅子ひとつをとっても形状はさまざまで、利用される方もお一人おひとり違いますから、組み立て方や最適なネジなど、覚えることがたくさんあって大変です。わからないことは先輩社員が丁寧に教えてくださるので、一人でできる仕事が増えてきています。

  • お客様だけの車椅子を作るために社員が一致団結する

    お客様だけの車椅子を作るために
    社員が一致団結する

    営業がお客様のご要望を伺い、作業療法士がお客様の身体に触れながら採型し、製造がオーダーに忠実に製品を作る。これがピーエーエスの車椅子づくりです。私たちは、それぞれの役割を果たしながら、お客様にとって快適なものを作るために一致団結しています。私も製造の一員として早く一人前になり、関西圏に比べて知名度が低い関東圏、ゆくゆくは全国の人にピーエーエスの車椅子を使ってもらいたいと思っています。
    就活は、大変なこと、悩むことが多くあると思いますが、夢に向かってがんばってほしいです。もし当社に入社されたら、たくさんの人に「世界にひとつだけの座位保持装置」を届けられるように、一緒に頑張りましょう!