INTERVIEW

社員インタビュー

清水 春香

営業部2課

清水 春香

2021年入社

Haruka Shimizu

目標は2つ。学生時代から演劇に携わっている経験から、腰痛の方も観劇を楽しめる椅子を小劇場に設置すること。大学で研究した「睡眠」の大切さを広めること。睡眠を削って働くのではなく、きちんと寝て疲れをとってこそ気持ちよく働けることを一人でも多くの人に伝えたい。

座っているときも眠っているときも、より快適に。
ピーエーエスが暮らしを変える!

  • 商談から生まれるお客様の新たなご要望にお応えする

    商談から生まれる
    お客様の新たなご要望にお応えする

    大学と大学院で医療統計学や看護工学を学びました。研究室で睡眠に注目したこともきっかけとなり、「医療×モノづくり」の仕事に携わりたいと考え、ピーエーエスに入社しました。
    現在、先輩社員の商談に同行しながら勉強しています。あらかじめ、お客様の立場やご要望を想定した商材を持参するのですが、実際に訪問すると、マットレスをお求めのお客様が掛布団に関心を示されるといったケースがよくあります。商談の現場で、お客様のご要望を即座にキャッチし、新たな提案をされる先輩社員の姿はとても頼もしく、見習いたいです。外回り以外では、感覚を刺激する空間作り「スヌーズレン」の業務に携わっており、セミナー用の動画作成の仕事には新鮮さを感じています。

  • 自分の言葉ひとつでお客様の背中を押すことも!

    自分の言葉ひとつで
    お客様の背中を押すことも!

    「ピント」の実演販売をしていたときのことです。色選びに迷っているお客様に「この紫色、すみれ色できれいですよね」と声をおかけしたところ、「あなたの言葉に背中を押されたわ」と喜んでくださいました。お客様と直接触れ合える店頭でのやりとりを、今後も大切にしたいです。
    私の就活を振り返ると、在学中に看護師資格を取得していたために病院に就職しようかと迷い、当社の採用試験を受ける7月末までずっと不調でした。今は、良い人ばかりのピーエーエスで毎日働けることがありがたく、苦労が報われた気持ちです。就活中の皆さん、あきらめずに続ける中で、きっと良い出会いがあると思います。応援しています!