INTERVIEW

社員インタビュー

石橋 佳樹

製造部

石橋 佳樹

2018年入社

Yoshiki Ishibashi

脳性麻痺のため車椅子に乗る兄に恩返しがしたいと車椅子に関わる仕事を探す中、全国でも数少ないフルオーダーメイドで車椅子を作っているピーエーエスを知る。初のインターンシップの実施を経て入社し、現在製造部で兄の車椅子を作ることを目標に技術を磨いている。

車椅子の仕事に進むきっかけをくれた兄に
車椅子で恩返しをしたい

  • 営業との密な連携が本当に喜ばれる製品を作るカギ

    営業との密な連携が
    本当に喜ばれる製品を作るカギ

    私の兄は、脳性麻痺のため車椅子に乗っています。私は足に障がいを持って生まれましたが、兄の担当医師が気付いてリハビリを始めたおかげで、装具を付けることなく成長しました。兄に恩返しがしたいと思って車椅子に関わる仕事を探す中、ピーエーエスを知りました。社長に当社初のインターンシップの実施をお願いし、入社しました。
    現在、製造部で車椅子を作っています。身体が変形している方にも快適に使ってもらえるように、指示書を読み解き、営業と綿密に打ち合わせをし、作業時は素材となるウレタンの削り出しなど細部まで丁寧に行います。
    納品後、「いい感じにできているね」「ぴったりやね」と話していたと聞くと、大きなやりがいを感じます。

  • 製造技術をもっと磨き、兄の車椅子を作りたい

    製造技術をもっと磨き、
    兄の車椅子を作りたい

    全国でも数少ない、車椅子をフルオーダーメイドで作るピーエーエスに入社し、今では一通りの作業を覚え、営業の社員から信頼されるまでに成長できたことをうれしく思います。ひとりでも多くの方に喜んでいただけるように、製造のスキルとクオリティをさらに向上させ、近い将来に兄の車椅子を作ることが目標です。
    就職活動は不安の連続だと思います。私もときどき学生時代の友達と当時を振り返るのですが、誰もが「就活はつらいけど、がんばってよかった」「あのときの経験が人間としての成長につながる」という意見で一致します。がんばってください!応援しています。